FC2ブログ

金沢の洋食屋さん

金沢の洋食で有名な、ハントンライスを食べに、香林坊にあるグリルオーツカに行ってきました

ハントンライスは日本の洋食の一つである。ハントン風ライスとも呼ばれてる。金沢の郷土料理として

知られており、近年メディアで取り上げられ金沢市民だけでなく、全国的に知名度は広がってます。

<誕生までのいきさつ>

1960年代後半、当時「ジャーマンベーカリー」の社長を務めていた山下昇が、金沢の中心地である片町にレストラン「ジャーマンベーカリーグリル」を出店する際、洋食部門のシェフたちと知恵を絞って考案したのが「ハントンライス」だった。

直接のアイディアを出したのは、当時の料理長である。彼は、修行時代にご飯をパプリカとバターで味付けし、余ったマグロのフライなどを乗せた賄い料理を作っていた。このまかない料理をヒントに、若者に受ける料理として、味付けを日本人の好むケチャップに変えたのである。

この新しい「洋食」は若者を中心に人気となり、ジャーマンベーカリーが誇る人気メニューの一つにまで成長した。その後、独立した何人かのコックたちが、自分の店のメニューにハントンライスを加えていったことから、金沢市内の洋食店に広まっていった。発祥となった片町の店は閉店となったものの、金沢の特徴的な料理として現在も多くの人々に愛されている。

名前の由来

一般的には、「ハンガリーのハンと、フランス語でマグロを意味するトンをあわせた造語である」と言われている。

ハントンライスのもととなった料理は、「スクランブルエッグの上に魚のフライを乗せ、ケチャップを少しかけたもの」とされている。関係者の間ではハンガリーの家庭料理として知られているが、実はこの料理はハンガリーには存在しない。

ハンガリーの家庭料理には「ラントット・トン(rantott tonhal)」と呼ばれるマグロのフライがある。「トン」という単語は、ハンガリー語でも「マグロ」を意味する。 ハンガリーではこの白身魚のフライにタルタルソースをかけて、パプリカや塩を振ったご飯とともに食べることから、金沢在住のハンガリー人の間では、これがハントンライスの由来になったのではないかと考えられている。

ウィキペディアを参考にしました。

グリルオーツカ

昭和レトロなお店です。

店内も実家の台所を思い出すような感じです。

ヌード


このナイスバディな絵画が気になります

結構有名だそうです。

ハントンライス2

ハントン風ライス750円を注文しました。

結構なボリュームです。ケチャップとタルタルソースの酸味が結構きついような気がした。


ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト