FC2ブログ

灘のけんか祭り

10月14,15日は毎年恒例の灘のけんか祭りでした。

今年は東山が屋台の新調です。

9月22日に入魂式が行われました。



灘地域の北東部に位置する東山は、松原八幡神社の東にある大日山の麗にあたることから
その名が付いた。
灘のけんか祭りでは東山屋台が宮入の先陣を切るため、どの町よりも早めの出発となる。
本宮の正午から始まるお旅山への神宮渡し御の際、行列の先頭に立って進む人々の中で白装束
の神主姿の一団もこの地域の人たちです。
社家の多くは東山に移住し農作業の傍ら祭礼には役目を務めてきた。
松原八幡神社から遠く離れた場所に位置しているが、これが『東山が宮元』といわれです。
三山大祭とメモリアルイヤーとなった今年23年ぶりに屋台を新調した。
素材は最高の木曽檜。
彫物は名匠前田貴史師の作で露盤や狭間の場面の取り合わせには『神話もの』や『退治もの』を
バランスよく配置してます。

東山3

白木の屋台は綺麗ですね

東山屋台2


14日祝日で秋晴れということもあり、人でいっぱいでした。

非常に危ないです。私も楼門前にいたんですが、転倒しました。

撮影どころじゃないです

木場ヤタイが来ました。

木場1

木場の誇りは、お旅山一番乗りの独壇場での一つ太鼓と一台練りの披露。

太鼓の早打ちが特徴です。
テンポの良い太鼓打ちが特徴です。
屋台を誘導する『木場港』と刺繍された大幟。
他町は『旧〇〇村』となってるのに対し、木場だけは港町を象徴するために守り継がれてる。
されに錦糸を太くねじった重量感ある金のねじ幕。
よく見ると他町と違った屋台です。

木場2
鈴緒に登る若者。

松原の獅子舞が来ました。

松原1

次に屋台です。

松原2

上に鯱が付いてました。

次に八家屋台が来ました。
今年練り番の八家は宵宮のみ屋台を出します。

八家
変化自在の華麗な技は練り上手な八家ならでは。


次に妻鹿です。

妻鹿

そして宇佐崎です。

IMG_3541.jpg

ブイ回し打ちが特徴だそうです。

そして中村です。

中村

上品な感じがします。

15日は雨でしたが決行されました。

本降りで山登りはなかったようですが、歴史に残る祭りだったようです。

広畠で6台の屋台が揃ったり、木場と松原の差し合わせがあったりしました。

来年は八家が新調です。楽しみだわ。


ブログランキング・にほんブログ村へ


スポンサーサイト